修羅界(しゅらかい / 対立し争う者の世界)


好むと好まざるに関わらず、上下の区別や敵見方の対立の構図の中で、
人それぞれに比べ合い、競い合って生きざるをえないのが、私たちの世界の有様です。

勝負をゲームとして楽しんだり、 競争することで互いに切磋琢磨しあったり、
そうしていられる範囲であれば、他者と競い合うことも有効なはずなのですが、
優劣や損得などのこだわりからなかなか離れることのできない私たちは、
相手を蹴落としてでも自分の優位を誇示しようとすることさえあります。

弱肉強食の生き残りを賭けた厳しい勝負の世界にあっては、
他者の痛みを思い遣る余裕もなく、ただ自分の生存と自尊心のために争い続けて、
勝ったり負けたり、損したり得したりを繰り返し、それが終わることはありません。

一番身近な人間関係においてこそ、
修羅の形相で内面感情をあらわにもしてしまう、私たちでもあるのです。



天上界 ←→ 修羅界 ←→ 人間界
 ↑      ↑      ↑ 
 ↓      ↓      ↓ 
地獄界 ←→ 餓鬼界 ←→ 畜生界


 ┃  六道界を出る  ┃